会社案内
商号
株式会社 タカハシ
 
代表取締役
高橋 義男
私の一言

本社

〒536−0024 大阪市城東区中浜2−11−11 

TEL: 06−6961−5463 FAX: 06−6962−1057

 

 

石切工場

〒579−8014 東大阪市中石切町6−2−2

TEL: 0729−87−2260 FAX: 0729−87−4331

石切工場案内図 
  お問い合わせ

takahashi@recycle-plaza.co.jp   もしくは

t-gyoumuka@recycle-plaza.co.jp     まで

 

会社沿革

カレット処理の歩み

 

昭和 13年3月

ガラス原料商 高橋商店を大阪市城東区に開業

手作業によるガラス選別を開始 処理量 10トン/日

 

昭和 54年7月
カレット選別設備を導入   処理量 30トン/日
昭和 63年3月

株式会社タカハシを設立 工場を東大阪市中石切に移転

選別作業員7名        処理量 60トン/日

 

平成 13年1月

東大阪市環境保全等に関する条例許可工場に認定

 

平成 13年8月

隣接地に新工場 リサイクルプラザ竣工

ドイツ モゲンセン社マイクロソートを日本で最初に導入

完全自動化カレット処理設備を設置

選別作業員 1名     処理量 140トン/日(7時間稼動)

  
  平成 14年1月

平成 14年3月

平成 15年5月

平成 19年3月


平成 20年3月

平成 20年6月

平成 21年7月

平成 22年8月


平成 25年5月


平成 30年3月
代表取締役を高橋義男に変更

日本山村硝子椛蜊纃H場に納入開始

東洋ガラス且賀工場に納入開始

第二事業部を設立、研究開発のため橋義男は
取締役工場長に就任、橋雅子が代表取締役に就任する

大阪府廃棄物再生事業者登録

産業廃棄物収集運搬業許可取得

産業廃棄物処分業許可取得

第二工場竣工
ガラス残渣の資源化を本格的に研究開発

ガラス残渣の資源化に成功
製品カレットの納入開始

橋雅子が代表取締役を退任し、橋義男が代表取締役に就任